Googleにもユーザーにも喜ばれファンを増やすアフィリエイトブログのSEOについて執筆しました

学習しやすさ
(0.0)
値段の妥当性
(0.0)
総合評価
(0.0)
このような人向けのコンテンツです
  • 副業としてブログアフィリエイトで稼いでいきたい方
  • アクセス数が伸び悩んでいる方
  • Google検索で上位表示させたい方
  • あなたのファンになって定期的にアクセスしてくれる人が欲しい方


ファンを増やすアフィリエイトブログのSEO



副業にチャレンジしようと決意して広告収入やアフィリエイトで稼ぐブログにチャレンジする方が増えています。

私もその一人です。

しかし同時にやめていく人も多いのも事実です。


理由は、最初の頃に全くアクセスが来ないからです。

かなしい現実ですが最初はアクセスが来ないうえに、アクセスがあっても内容がほぼ読まれません。

そこで考えなければならないのがSEO対策です。


ですが最初にお伝えしなければならないことは、このSEO対策をしたからと言ってすぐに効果が出ないということです。

書き手であるあなたが、SEOを意識した記事を息を吸うように書けるまでにも時間がかかるでしょう。


これはブログについて調べていると必ず登場してくる言葉ですが、とにかく継続してください。

継続して書き続け、SEO対策を学び、自分のブログに反映させてほしいと思います。


副業について調べていくと、ブログでなかなか成果が出ない人をターゲットにした人が

「ブログでひたすら継続しても全く効果が出ない」

「SEOに頼らず、こんな稼ぎ方があります!」

という言葉をかけてきます。


その他流行りの副業等々、誘惑が沢山あります。


ですがあなたはブログで稼ぐと決めたからこの文章を読んでいるはずです。

決してブレず、諦めず、ブログを継続してください。
少しずつアクセスが伸びてきます。

このテキスト教材を買わず、上記の言葉だけ持ち帰っていただいてもかまいません。

それくらい大事です。


私の場合、たったの2~3件のアクセスが毎日安定して来るようになるまで2年を要しました。

もちろん私の勉強不足だったり、実力不足も原因の一つだと思います。

ただそれくらい結果が出にくいものだと覚悟しておいても良いです。


私は超人気な雑記ブロガーのように毎日大量にアクセスがあったり、ブログだけで生計を立てられるほどの実績があるわけではありません。

ただ私がブログを始めた頃はトップブロガーの実績やアドバイスを見てこんな風に思いました。


「こんな雲の上のような人、凄すぎて参考にならないよ」

「全く同じ条件のブログじゃないからいまいちピンとこない」


SEO対策の情報はYouTubeなりブログなり調べればタダで情報が手に入ります。

なので私がここでご提供できる情報は、弱者の戦い方です。

基本的には忠実にSEO対策をしていますが、私はいつもアクセスしてくれた方が自分のブログのファンになってもらうことを意識しています。


これはどういうことかというと、ブログは基本的に誰かの悩みを解決させるための内容になっていますが、それだけで終わっている方が沢山いるからです。


つまりウィキペディアです。

ほとんどのブログはウィキペディアになってしまっています。

ウィキペディアはこの世に1個だけで十分なはずです。


知りたいことが知れたらすぐにブラウザを閉じて終了です。


ほとんどのブログにはサイト管理者のプロフィールが表示されていますが、表示されているにもかかわらず全く興味を持ってもらえません。

「こいつ何者だ?」とすら思われていないのです。


私がブログを書く時にはSEOを意識しつつも

「こいつ何者だ?」から「こいつ面白い奴だな」と思われる

そんな内容を考えています。

そうして私のブログのファンになってくれれば、何度もアクセスしてくれてそれがSEO的にも有利になっていくという考え方です。


既にブログを始めている方、あなたのブログはウィキペディアになっていないでしょうか。

自分のメディアを持つとはどういうことなのか今一度考えてみてください。


このテキスト教材では以下の内容をお伝えしていきます。

SEOを意識しつつファンを作る施策については後半でお伝えしています。


目次

・SEO対策とは

・Googleが評価するサイト

・対GoogleのSEO

・対ユーザーのSEO

・対ユーザーと対Googleの相互作用

・どんどん自己開示する

・避けるべきジャンル

・SEO対策を意識して継続



まずは、そもそもSEOって何だという所から簡単にお伝えしていきます。




SEO対策とは


ただがむしゃらに自分の好きなことだけを書いていくブログもあります。

しかし、あなたがブログをはじめた理由は「稼ぎたいから」これにつきると思います。

ならばなるべくアクセス数が伸びるように工夫していく必要があります。

そこでSEO対策を考えます。



Google検索で上位表示させる施策


SEOが何の略かはそれほど重要ではありません。

要はGoogleで検索した時に1ページ目の1番上に表示されるように色々と施策のことです。

なぜGoogleに限定しているのかというと、日本人が利用する検索サイトはほぼGoogleかYahooが選ばれているからです。

更に、Yahooの検索エンジンはGoogleと同じアルゴリズムで動いています。

つまり、Googleのご機嫌を取ることがネットで検索された時に有利になるということです。



ユーザーが検索する理由


「ユーザーが」というよりも、まずあなたがGoogleで何かを検索する時はどういう時かを考えます。

上でも書きましたが、「悩みを解決したい時」又は「疑問に思ったことを解消する時」ではないでしょうか。


現代人であれば、知りたいことがあったら他人に聞く前にとりあえず「スマホでググる」これが当たり前のはずです。



ユーザーは検索結果の1ページ目しか見ない


これも普段のあなたの行動を思い出してみてください。

知りたいことがあって検索したらとりあえず1ページ目の1番目~3番目に表示されたサイトから確認するはずです。

検索結果の画面でスクロールすらせず、最初に表示された中の知りたいことが知れそうなタイトルを選びます。


サクッと調べてすぐに解決させたいという気持ちがあると思います。

もちろんあなたに限らず、世の中のほぼ全ての人が同じです。


私は自分でブログを書くようになってから、初めて2ページ目以降の埋もれている面白そうな記事を探すようになりました。



Googleが評価するサイト


Googleに評価されるためにはGoogleの評価基準を理解して、Googleの機嫌をとっていく必要があります。

ユーザーに向けたコンテンツでありながら、Googleのご機嫌を取っていく。

最初は難しい感覚かもしれませんが少しずつ慣れます。



ユーザーファースト


Googleは「ユーザーファースト」をとても大事にしています。Googleのサービスを利用する人、サイトを訪れる人のことをちゃんと考えて作られているか、をとても重視しています。

Googleのトップ画面を見てもユーザーファーストであることが分かります。

トップ画面にはGoogleのロゴと検索するためのテキストボックスしかありません。

検索する時に煩わしいと感じるような広告やリンクが一切排除されたシンプルなデザインです。 


つまりGoogleのご機嫌を取りたければ、まずはGoogleではなくユーザーの気持ちになって考える必要があるということです。



巨大広告塔


Googleはユーザーファースト、とは言ってもボランティア団体というわけではありません。広告掲載費で儲けている立派な営利団体です。

企業から広告掲載を依頼されたGoogleはお金をもらう変わりに企業のサイトにアクセスを導く必要があります。



Googleの目的


Googleも我々と同じで「広告をユーザーの視界に入れたいし、クリックさせたい」と思っています。

つまり、Googleが評価するサイトとは
沢山のアクセス数があり滞在時間が長いサイト=コンテンツの質が高く量も充実しているサイト

すなわち
ユーザーに多くの広告を見せることができ、なるべく長くユーザーの視界に広告をいれられるサイト

ということになります。


この続きを学ぶためには購入する必要があります

\残り10部

この続き: 9,419文字 / 画像8枚



学習しやすさ
値段の妥当性
総合評価(0件)